メバルと写真とMacの日記
プロフィール

hirotopapa

Author:hirotopapa
カメラとMacと福岡たまにメバルの日記。
日々思いついたことや気になっていることを気ままに書きます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
シンプルアーカイブ
140720-1.jpg

一人目:161km/h,162km/h,159km/h,160km/h
二人目:161km/h,160km/h,160km/h,159km/h
三人目:160km/h,158km/h,158km/h,160km/h,160km/h
四人目:161km/h,159km/h,132km/h,161km/h,159km/h,133km/h,159,km/h,157km/h
五人目:162km/h,159km/h
直球平均速度:160km/h(小数点以下四捨五入)

これは昨日行なわれた2014年オールスターゲーム第二戦の大谷投手の全投球のスピードです。
平均160km/h!
まさに異次元のスピードです。

来年は何キロ出るのやら。
大谷投手のスピード見たさに、最近では珍しくオールスターゲームを見たワタシでした。
本当にプロって凄いですね。

しかししかし。。。
これだけのスピードボールなのに、打者五人がヒット三本も打ってます。
これも凄いことですね。

2014/07/20 11:16 野球 TB(-) CM(2)
昨日、野茂英雄氏が野球殿堂入りしました。

野茂英雄氏(NOMO)といえば、
■トルネード
■奪三振王(日本とメジャー)
■ノーヒットノーラン(メジャーで2回)
などのイメージがありますが、

■我が道を行く
もNOMOのかなり大事な個性です。

その野茂英雄氏(NOMO)ですが、翌日に控えたNOMOベースボールクラブ主催の
少年野球大会を優先させ、野球殿堂入りの表彰式を欠席。。。
やはり、NOMOでした。

140118-4.jpg 140118-3.jpg
      NOMO              ICHIRO

我が道を行く個性派二人。
ぱっと見た瞬間に気が付いてしまう強烈さ!
やはりプロはこうじゃなくっちゃ。

2014/01/18 09:38 野球 TB(-) CM(0)
131208-1.jpg
Ricoh CX5

楽天の田中投手のメジャー挑戦に暗雲が立ち込め始めています。

事の発端はポスティングシステムの変更。
新しいポスティングシステムでは、
◯日本の球団が入札価格を設定できることになった。
◯選手が入札価格を満足する複数の球団と交渉できるようになった。
反面、
●入札価格の上限額が2000万ドル(約20億円)になった、
ことから、楽天が20億円では安すぎると考えているようです。

一時は入札額が100億円とも言われていましたから、楽天が80億円ほど損した気分になるのは仕方のないところ。
ここは、ひとつ楽天が折れて、田中投手を気持ちよく送り出すのか?
それとも、フリーエージェントまで2年の田中投手をもう1年保有するのか?

どちらもルール違反ではありませんから、本当は問題ないのですが、送り出さなかったら世論は厳しいでしょうね。
ルール違反かもしれませんが、50億円くらいで金銭トレードでもしたらいかがでしょう。
MLBがルール違反なら金満巨人あたりで。。。

なにはともあれ、もう暫く目が離せそうもない問題です。
2013/12/08 08:05 野球 TB(-) CM(0)
20131104-1.jpg

東北楽天ゴールデンイーグルス優勝おめでとう!
3勝3敗で迎えた第7戦、圧倒的な投手力での大勝利でした。

先日は、まさかまさかの「マー君」での敗戦。
ちょっと、力が入り過ぎたのでしょうね。

今回のプロ野球日本シリーズですが、まわりを見渡すと、巨人ファン以外はみんな楽天を応援していました。
今回ばかりは、巨人もやり難かったでしょうね。
巨人は残念な敗戦でしたが、
「楽天は東北復興の象徴。尊敬する星野監督と日本シリーズを戦い感慨深いものはあった。全力で戦って楽天に日本一の座を譲った。心よりおめでとうございます」
と原監督のコメントの立派なこと。
なかなか、こんな風に相手を持ち上げるコメントは言えないものです。

今回の優勝監督の星野監督にちょっと感じたこと。
則本投手とマー君を使い過ぎ。
メジャー関係者は最後のマー君の登板をみて悲鳴を上げたのではないでしょうか。

相変わらず特定の投手ばかりを使う所は、中日時代に「つぶし屋」と言われていたを思い起こさせます。
来年以降は止めて下さいね。
2013/11/04 07:29 野球 TB(-) CM(2)
130916-1.jpg

おめでとう!メッツの松坂大輔投手が1年ぶりの勝利です。
今年もここまでは波瀾万丈で、喜びもひとしおでしょう。

2006年にレッドソックスと5,200万ドルの契約を結んだのは、もう遠い昔のことのように思えます。
ボストンでの6年間通算の成績は、50勝37敗。
活躍したのは、最初の2年間、2009年のケガ以降は、満足な成績を残せていません。
 2007年 15勝12敗
 2008年 18勝 3敗
 2009年  4勝 6敗
 2010年  9勝 6敗
 2011年  3勝 3敗
 2012年  1勝 7敗

今年2013年もインディアンズとマイナー契約、8月に入ってメッツに移籍したものの、この日までは4試合の先発で0勝3敗と、まさに崖っぷちでした。

なんとか、このあとの先発のチャンスもクオリティスタート(6インニング3自責点以内)を続けて、来年もメジャーで松坂投手を見たいものです。
頑張れ松坂!

2013/09/16 09:27 野球 TB(-) CM(0)
ブログ内検索
フリーエリア
FC2カウンター